コインランドリー経営ならエレクトロラックス

エレクトロラックス自家ランドリーシステム

医療施設向けバリアランドリーソリューション

ホスピタルリネン処理における理想的な感染管理ソリューションが、エレクトロラックス・バリアランドリーです。
エレクトロラックスはバリアランドリーを含めた機器から、衛生管理手法、
院内ロジスティクスを含めたトータルなご提案をします。

医療施設向けバリアランドリーソリューション概要

バリアコンセプト

  • 洗濯室は清潔域(クリーンサイド)と汚染域(ダーティサイド)に隔壁によって分離し、洗浄済みの被洗物が洗浄前の被洗物及び汚染物が触れることによる汚染(クロスコンタミネーション)を防止します。

バリアコンセプト

  • バリアコンセプトにおいては、被洗物の仕分けは汚染域で行われ、洗浄は隔壁に取り付けられたバリアウォッシャーにて行われます。
    乾燥、仕上げ、たたみ行程は清潔域で行われ、すべての工程が一方向にて、スムーズに流れるようにレイアウトされています。

バリアウォッシャー

  • バリアウォッシャーは隔壁を貫通する形で設置され、汚染域に開く被洗物の取り入れ口と清潔域に開く取り出し口の2つの取り出し口を持っています。
    この2つの取り出し口は、同時に開くことはなく、また取り出し口は洗浄工程が終わらないと開かない仕組みになっています。
  • バリアウォッシャーは高度な洗浄プログラムを設定可能なクララスコントロールを装備した容量25kg、35kg、50kg、70kg、90kgのタイプを用意
  • 乾燥機は容量30kg、45kg、60kgのタイプを用意。フレキシブルな生産ラインを組むことができます。

CMIS(集中衛生管理システム)

  • バリアウォッシャーを含む複数のエレクトロラックス機器の洗濯乾燥仕上げ工程をコンピュータで集中管理。
    全工程を管理記録分析できる統合的な管理システムです。

コンサルティング

  • EUにおけるリネンの感染管理手法であるRABC(Risk Analysis and Biocontamination Control)に基づいたコンサルティングを行います。
  • バリアソリューションに対応した洗濯室のレイアウト、機器選定に関するコンサルティング
  • リネンの回収から納品までのフロー及び、品質衛生管理に関わるコンサルティング

医療施設向けバリアランドリーソリューションの特徴

高い感染管理能力

  • 洗濯温度を98度まで上げることができ、その温度での熱水洗濯を組み込んだ洗濯プログラムを新たに設定することができます。
  • 非常に細かく洗濯プログラムを設定でき、複雑高度な洗浄プログラムに対応可能です。
     設定項目の例: ドラム回転立上り加速度、加熱及び冷却スピードの設定、洗浄温度の途中変更等
  • 192通りの洗濯プログラムを設定、記憶。またスマートカードにプログラムを保存することにより、そのプラグラムを簡単に他のスマートカード対応水洗機にインストールできます。
  • バリアコンセプトは、クロスコンタミネーションを防ぐだけでなく、衛生管理において数値管理を行うポイント「クリティカルコントロールポイント」が設定しやすくなるメリットがあります。
  • CMIS(集中衛生管理システム)が1回ごとの洗濯工程、洗浄温度、投入したケミカル、水量等を自動的記録しトレーサビリティの確立、コスト削減等に貢献します。

高いコンサルティング能力

  • 機器の選定提案だけではなく、より高い衛生管理を達成するためのランドリーフロー全体の提案、継続的衛生管理の手法、コスト削減策のコンサルティングをさせて頂きます。

高いコンサルティング能力

医療施設で活躍
医療施設の製品情報
医療施設での導入事例
お問い合わせから導入までのフロー